what_title

鉄骨工事の流れ

行程(1)設計

設計図書を基に工作図の作成及び製作要領書の作成を行います。工作図の作成は、鉄骨製作の入口であり、大変重要な工程で、設計図書に代わり原寸作業や建て方の指示書的役割をも担う工程となります。

  • pht-kakou01
  • pht-kakou02
  • pht-kakou03

まずは材料の手配を行うため、一般図の梁伏図及び軸組図に着手します。材料が工場に入荷するまでの期間は、一般的な規格・サイズであれば1週間から1ヶ月位で入荷しますが、特殊な規格・サイズの場合は1ヶ月から3ヶ月位を要することもあります。また、材料にはSS材・SM材・SN材といった種類もあるため、工作図をチェックする際のポイントとなります。

行程(2)加工

工程(1)にて作成された工作図及び原寸作業で集められた情報を基に、鋼材の加工を行います。
まず材料受入の際、購入検査を行います。その後、切断加工・孔開け加工・開先加工等を行います。

  • pht-koutei02-01
    材質検査
  • pht-koutei02-02
    切断
  • pht-koutei02-03
    孔開け
  • pht-koutei02-04
    開先
  • pht-koutei02-05
    開先
行程(3)組立

工程(2)にて加工された鋼材を、設計図書および工作図(原寸作業情報)・製作要領書に基づき組立・組立溶接を行います。
組立は、出来るだけ各種の治具を利用し、部材相互の位置を保つ様にし、溶接の変形を少なくするために、適当な逆歪みや拘束を加えます。また、溶接による収縮量を見込んで、出来上がりの寸法形状を正確に保つ様にします。

    組立及び組立溶接

  • pht-kumitate01
  • pht-kumitate02
  • pht-kumitate03
  • pht-kumitate04
  • pht-kumitate05
  • pht-kumitate06
  • pht-kumitate07
  • pht-kumitate08
行程(4)溶接

前工程までで組立・組立溶接された工作物の構造上主要な部材及び接合部 の溶接を行います。溶接には、被覆アーク溶接(アーク手溶接)・ガスシールドアーク溶接等 の様々な溶接方法があり、近年ではロボットによる溶接も増えております。溶接方法の選定は、使用される鋼材の種類、機械的性質、溶接性とともに、継手形式、溶接姿勢、作業環境、作業能率、継手の品質などを考慮したうえで適切な方法が選定されます。さらに、それらに適合する溶接機種及び溶接材料を選定して、溶接施工条を満足させなければなりません。

    溶 接

  • pht-yousetsu01

  • pht-yousetsu02

  • pht-yousetsu03

  • pht-yousetsu04

  • pht-yousetsu05
行程(5)錆止め塗装

長期間防せい効果を与えることを目的に、錆止め塗装を行います。
塗装の種類も数多くあり、錆止めを施す場所が[屋内or屋外]・[海岸地域or重化学工業地域]等の条件により使い分けます。
特に、耐食性が必要な場合は、亜鉛メッキ処理を施す場合もあります。

    錆止め塗装

  • pht-sabidome01
  • pht-sabidome02
  • pht-sabidome031
行程(6)搬入・現場組立

工場で製作された製品を大型トラック等で現場まで運搬します。
鉄骨製作工場が、現場組立や現場溶接を行うこともあります。

  • pht-hannyu01
  • pht-hannyu02
  • pht-hannyu03
  • pht-hannyu04
完成

このように、様々な工程を経て鉄骨工事は終了となり、その後、外装工事・内装工事が施され建物が完成します。鉄骨工事は、人間の骨と同じく外からは見る事が出来ませんが、無くては成り立たない、大変重要な役割を果たします。
宇宙が生んだ究極の作品とも名高い「鉄」は、私たちが住むこの地球の大半を形成し、あらゆる元素として進化を続けてきました。そして、地震大国と呼ばれるわが日本において、その暮らしを守り、より良い未来を創るのも、やはり「鉄」なのではないでしょうか。

  • pht-kansei01

  • pht-kansei02

  • pht-kansei031
merit_title

merit

qualification_title

鉄骨製作工場において、グレード・構造物の規模等により、様々な資格が要求されます。
資格によっては、有効期間があり、その都度更新を行っていかなくてはなりませんが、各企業における技術者等の資格更新及び維持等に係る必要経費の割合は非常に大ききなものです。

資格の名前資格区分認定者資格取得に係る費用等備考
建築士(1級)国家資格国土交通大臣約20,000円※新規登録免許申請の場合60,000円が必要となります〈お知らせ〉改正建築士法の施工(平成20年11月28日)により、今まで国が行っていた1級建築士の登録等事務を実施する機関として「(社)日本建築士会連合会(一社)宮崎建築士会)」が中央指定登録機関に指定されました。

〈(一社)宮崎県建築士会〉
一級建築士免許証申請について
二級建築士免許証申請について
建築士(2級)国家資格都道府県知事約20,000円
建築施工管理技士
(1級・2級)
国家資格国土交通大臣1級約20,000円
2級約20,000円
※2級は、学科と実地それぞれで受講可能
施工管理技士になるには
鉄骨製作管理技術者
(1級・2級)
民間資格鉄骨製作管理技術者登録機構《(社)全国鐵構工業協会および(社)鉄骨建設業協会の共同運営》※(協)宮崎県鉄構工業会会員については、全構協九州支部(福岡)にて開催予定の学科講習会が受講可能(1級・2級)
約20,000円+交通費等
〈(一社)全国鐵構工業協会〉
鉄骨製作管理技術者について
〈工業組合〉福岡県鉄構工業会
講習会及試験開催予定表
建築鉄骨検査技術者
(製品・超音波)
民間資格(社)日本鋼構造協会※(協)宮崎県鉄構工業会会員については、全構協九州支部(福岡)にて開催の学科講習会が受講可能(製品・超音波)
約50,000円+交通費等
※有効期間5年
〈(一社)全国鐵構工業協会〉
建築鉄骨検査技術者について
〈工業組合〉福岡県鉄構工業会
講習会及試験開催予定表
建築高力ボルト接合
管理技術者
民間資格(一社)日本鋼構造協会約20,000円+交通費等
※有効期間3年
〈(一社)日本鋼構造協会〉
AW検定
〔工場溶接:鋼製エンドタブ〕
〔工場溶接:代替エンドタブ〕
〔ロボット溶接オペレーター〕
民間資格AW検定協議会〈AW検定協議会〉
※受験関するQ&A
〈AW検定協議会〉
受験申込のご案内
JIS Z 2305
非破壊試験技術者資格試験
(超音波探傷試験)
【UD・UT】
(レベル1・レベル2・レベル3)
民間資格(社)日本非破壊検査協会※(協)宮崎県鉄構工業会 会員については、全構協九州支部(福岡)にて開催の学科講習会が受講可能約25,000円〜+交通費等
※有効期間5年
※新規の場合、技術講習の受講が必要となります。
例:UTレベル1・・・40時間
例:UTレベル2・・・80時間
  (※レベル1保持者)
〈(一社)日本非破壊検査協会〉
鉄骨工事管理責任者民間資格(一社)日本鋼構造協会約20,000円+交通費等
※有効期間5年
〈(一社)日本鋼構造協会〉
溶接管理技術者
(1級・2級・特別級)
民間資格(一社)日本溶接協会1級・2級 約53,000円特別級
約40,000~50,000円
〈(一社)日本溶接協会〉
溶接管理技術者について
溶接技術者民間資格(一社)日本溶接協会アーク溶接
半自動溶接 他
〈(一社)日本溶接協会〉
溶接技術者について
建築鉄骨ロボット溶接
オペレーター
民間資格(一社)日本溶接協会約3,000円~16,000円〈(一社)日本溶接協会〉
建築鉄骨ロボット溶接
オペレーターについて
建築物等の鉄骨の
組立作業主任者技能講習
技能講習建設業労働災害
防止協会
約15,000円〈建設業労働災害防止協会〉
H26年度 各種講習
年間予定表
高所作業車運転技能講習約15,000円
職長・安全衛生責任者教育特別教育約15,000円
玉掛け技能講習(公社)宮崎労働
基準協会
約27,000円〈(公社)宮崎県労働基準協会〉
講習会・研修会
小型移動式クレーン運転約30,000円
床上操作式クレーン運転約30,000円
石綿作業主任者約10,000円
研削といし取替等業務特別教育約15,000円
粉じん作業約 9,000円
interview_title

interview_shinjin_off

interview_senpai_off

interview_senpai