理事長挨拶

あけましておめでとうございます。
当組合も早いもので今年で47年目を迎えようとしています。
その間バブル、バブル崩壊、リーマンショック、民主党への政権交代など業界にとっては悪い事ばかり続いていました。この厳しい状勢の中、平成5年は認定工場として42社あった数も今は24社に減ってしまいました。
近年になり2020年東京オリンピック等ようやく明るい兆しが見えてきた気がします。
さて、話は変わりますが、世界には創業200年企業が5600社その内日本には3100社以上存在するそうです。そのうちの1社金剛組は創業1440年といわれています。経営原理には陰と陽があり、陽は右肩上がり成長を善とし利益、マーケットシェアなど数値を重要とする、陰は技術、経験、気配り、信用を重視します。経営を樹木に例えるならば陽は幹、枝葉を見る、陰は目には見えない根を丈夫にするとしています。
当組合もトンポ、ロープ止を各学校に送るボランティア活動、技術向上のため資格取得に要する講習。各企業への安全パトロールなど地道な活動ですが実践いたしております。
これからも全組合員が一丸となって100年組合を目指し、鋭意努力して参ります。
平成30年1月 理事長 阿萬正紀

pic_20180109_02